遺産相続Q&A!初歩的な質問はここで解決♪

よくわかる遺産相続Q&A

 

これまで日本では家族単位で、死に行く人の人生を見送り、また見送られる事が当たり前でした。

 

しかし、急速に高齢化社会に進む現代の日本社会への不安や、価値観の多様化によって「自分らしい人生の終わり方」を迎えたいという方が多くなってきています。

 

例えば、遺言書で自分の葬儀の仕方を指示したりどのように供養して欲しい、といった死後の事から、延命処置はとらないで欲しい自然死させて欲しい、といった「死に方」の希望まで、「死」についての考え方が少しずつですが変化しているといえます。

 

また、老後は子供の世話にならず、夫婦でシンプルに暮らしたり、老人ホームには絶対に入らない!といった日々の生活についても強いこだわりを持つ方が増えているそうです。

 

ですが、実際は本人の希望通りになる事が少なく、特に死後の葬儀などではまさに「死人に口なし」というように、希望通りの葬儀や供養がなされなかったりという事が多いです。

 

遺言で法的な強制を与えられる事項(法定遺言事項)は限定されており、遺言で葬儀の方法を指定しても、遺族に対し強制はできないからです。

 

したがって、もし自身の希望通りの葬儀を確実に行うのであれば、葬儀やとの生前契約を行っておき、家族以外の人にあらかじめ委託しておくのも一つの手かもしれません。

 

現にアメリカでは葬儀の生前契約はかなり一般的に普及しており、多宗教、多人種の人が生活するアメリカならではといえます。

 

さらに権利意識の高まりからか、遺産をめぐる争いも年々増えてきており、あらかじめ対策を行う事も、とても重要な事となってきています。

 

葬儀から遺言、税金や権利関係の事まで、遺産相続に関する様々なよくある質問をご紹介し、分かりやすく解説していきたいと思います。

 

 

 

水漏れ修理