遺産分割協議にまつわるお話です

遺産分割協議

 

遺産分割協議は、相続人全員の合意が必要ですので、遺産分割協議を始めるにあたって、まず相続人全員を確定する必要があります。

 

相続人が全員確定出来たら、相続人全員で、遺産をどのように分割するかということについて協議をします。

 

通常、遺産の分割は、遺言書があるかないかによって、分割の方法が変わります。

 

法的に効力のある遺言書がある場合には、遺言書の内容が最も優先されますので、遺言書の内容に従って遺産を分割します。

 

遺言書がなかった場合には、民法の定めている法定相続人の順位に従って、遺産が分割されますが、相続人全員が協議をし、合意に至った場合には、遺産分割協議の内容に従って遺産が分割されます。

 

例えば、相続人のうちの誰かが家業を継ぐ場合、民法に従って、均等に分割するのではなく、家業を継ぐ相続人が農地などの土地や住居や店舗などの家屋を相続し、他の相続人が、残りの財産をそれぞれ相続するというような場合や、家族に不利益を与えた相続人の相続分を無くしたり、少なくしたりする場合などに、法定相続では割り切れない家族の事情に合わせて、相続人が協議をし、全員が納得できる遺産の分割方法を決めるのです。

 

このような場合には、合意した内容を、遺産分割協議書にまとめておくと、遺産分割後にトラブルが発生した時に、解決の為の資料になりますので、作成しておくことをお勧めします。

 

遺言書があった場合でも、その内容が全ての資産について記載されていなかった場合や、遺言書の内容に納得できない場合にも、相続人全員で遺産分割協議を行い、相続人全員が合意すれば、遺言書の内容とは違った遺産の分割をすることができます。

 

全員が合意し、実際に遺産を分割する為に、銀行の預貯金を銀行から引き出したり、土地や家屋の不動産登記をしたりする場合には、全員が合意したことを証明する遺産分割協議書が必要です。

 

遺産分割協議で全員の意見がまとまらず、合意することができなかった場合には、家庭裁判所に、遺産分割調停を申し立て、調停をして遺産分割についての話し合いをしなくてはなりません。

 

⇒遺産分割協議とは~その①~はこちら