法定相続人と遺産分割についての基礎知識

法定相続人と遺産分割について

 

遺言書が遺されていなかった場合、遺産の相続は、民法の定めている法定相続人が、その順位に従って分割された遺産を相続します。

 

遺産の相続で最も優先されるのは配偶者で、その次が法定相続人の第一順位である直系卑属です。

 

直系卑属には、被相続人の子、養子、婚外子、胎児が含まれ、そのすべての人が公平な扱いを受けます。

 

但し、養子が2名以上いた場合には、税金の控除は受けられません。

 

再婚相手の連れ子は、養子縁組の手続きをしていた場合には、相続の権利がありますが、養子縁組の手続きがされていなかった場合には、法定相続人には含まれません。

 

また、婚外子の場合も、認知されている必要があります。

 

被相続人の子、養子、婚外子が死亡している場合には、その子(被相続人にとっての孫)に代襲相続されます。

 

代襲相続は、何代先までも繰り返されます。

 

配偶者と直系卑属がいる場合には、配偶者が2分の1、直系卑属が2分の1という割合で、遺産が分割され、相続します。

 

直系卑属がいない場合には、第二順位である直系尊属が遺産分割の対象になります。

 

直系尊属は、被相続人の両親、被相続人の両親が亡くなっている場合には、被相続人の両親の両親(被相続人にとっての祖父母)で、代襲相続は、何代先までもさかのぼって繰り返されます。

 

遺産は、配偶者に3分の2、直系尊属に3分の1の割合で分割されます。

 

直系卑属、直系尊属がいない場合には、第三順位である被相続人の兄弟姉妹が、遺産分割の対象になります。

 

被相続人の兄弟姉妹が亡くなっている場合には、被相続人の兄弟姉妹の子(被相続人にとっての甥や姪)が相続の権利を代襲しますが、それ以上の代襲はありません。

 

直系卑属、直系尊属、被相続人の兄弟姉妹や被相続人の兄弟姉妹の子がいない場合、遺産は全て配偶者が相続し、配偶者が亡くなっている場合には、第一順位の相続人が全ての遺産を相続します。

 

第一順位の相続人が亡くなっている場合には、第二順位、第三順位の順で、遺産を相続します。

 

⇒遺産分割協議とは?