相続開始前に相続人の死亡により、その相続人の直系の卑属が相続することを「代襲相続」と言います。

遺産分割の範囲

 

父が亡くなり、その遺産を家族で分けることになりました。

 

特に遺言もないため、それぞれの相続分に応じて分割しようと考えています。家族は母と私、妹の3人です。

 

基本的な遺産分割の配分を教えてください。

 

遺産相続には、法定相続分に従った分割法があります。
質問者さまの場合ですと、仮に故人に2,000万円の遺産があったとします。

 

  • 配偶者:2分の1
  • 子:2分の1を人数で等分割する

 

すると、お母様は1,000万円、質問者さまは500万円、妹さんは500万円という割り振りになります。

 

遺産の種類によっては分割が難しい物もあります。
例えば、価値のある宝石や美術品などです。

 

絵画を3人分に切り分けて所有したりしたら、その価値は消滅してしまうでしょう。

 

そのような場合は、誰が何を引き継ぐかを協議して決める必要があるのですが、どうしても分割を希望されるならば、売却してその売却金を分けるという形になります。

 

 

遺産分割の範囲のことでご相談します。

 

半年前に夫が亡くなり、残された遺言書に沿って遺産を分け終えました。

 

夫には先妻との間に子供が1人いましたが他界されております。

 

その他界した子供には遺児が2人いて、亡夫にとっては孫になりますが、遺言書にはその2人に関しては何も書かれていませんでした。

考える主婦

 

けれど、先日その2人から「祖父の遺産の遺留分を請求します」という内容のものが届き大変驚いています。

 

遺言書に名前が無い上に、孫にまで相続権があるのでしょうか?あるとしたら私の孫にもあるのでしょうか?

 

この場合は「代襲相続権」が発生しているので、故人からみてその2人のお孫さんには遺留分を支払わなくてはいけません。

 

遺言書に名前が無い場合でも、「法定相続人」には遺留分の相続権があります。

 

子供は先妻、後妻の如何を問わず平等に遺産を相続する権利があり、その子供が死亡しても権利は直径の卑属(子や孫)に受け継がれます。

 

質問者さまの場合では、今回遺留分の請求をしてきた2人の孫に支払うのは、子供1人分の遺留分という計算になります。

 

また、同じ孫でも質問者さまと故人の間にできたお孫さんには、親(つまり質問者さまと故人との子)が相続をしているならば相続権はありません。

 

 

相続手続きの費用Q&A