故人が生命保険に加入していたかは、契約していたと思われる会社にて照会をすることができます。

生命保険のこと

 

生命保険についてですが、父が亡くなり本人が契約加入していた死亡保険が支払われました。

 

ところが受取人が兄の名前になっているので、同じ兄弟なのに私には受け取る権利がないと言われましたが、そうなのでしょうか?

 

死亡保険金の受取人名義がお兄様になっているのであれば、残念ながら質問者さまには相続の権利はありません。

 

契約者と保険金支払者が同一の場合、今回は故人ですので、受取人を指定しているのは「遺言」となります。

 

ただし、遺留分の計算をされてみて、侵害されている分があるようならば「遺留分滅殺請求」ができます。

 

 

疎遠にしていた親が死亡したのですが、保険に入っていたかどうか知るにはどうすればいいですか?

入っていたとして、その保険金は誰が受け取ることになるのでしょう?

 

故人のプライバシーがなかなか家族でも解かり難くなっている現代では、このような質問が増えてきています。

 

まず、契約している保険があるかどうかを調べる方法として個人でできることは、

 

  • 遺品の中に保険証券がないか探してみる
  • 通帳より保険会社への振り込みがあるか見てみる
  • 保険会社の社名入りカレンダーやタオルなどの備品から推定

 

契約していたと思しき保険会社が出てきたら、指定書類を揃えて、保険会社にて契約照会をすることができます。

 

死亡保険の受取は、受取人が本人(故人)の場合ならば法定相続人全員で分配します。
受取人が指定されていた場合は、遺留分を侵害しない範囲で指定された人が受け取ります。

 

 

孫と祖母

私には子供が3人いますが、孫が1人しかいません。

 

しかも3人の子供は、私のところへはほとんど顔を見せることもなく、この孫だけが何くれとなく私を気にかけて世話をしてくれます。

 

そのため、子供よりも孫により多くの財産を残してやりたいのですが。

 

最初にお勧めしたいのは、遺言書の作成にて、そのお気持ちを遺すことです。

 

その他に、質問者さまの生命保険の受取人をお孫さんに指定する手続きをすることも有効な方法になります。

 

その際にはお孫さんに自分が受取人であることを伝えておくことを忘れないでください。

 

 

相続税Q&A