生活費でもらったお金も生前贈与!?サプライズ贈与は不可能!?

生前贈与のこと

 

焦る男性

 

生活が立ち行かず、毎月親から5万円の援助を受けていますが、他の兄弟にバレてしまいました。

 

「生前贈与になるから相続の時には、その分を分配から引く」と言われましたが、そうしなければいけないのでしょうか?

 

この質問には、生前贈与に関して3つのポイントが含まれています。

 

  • 暦年贈与
  • 生前贈与に当たるのか

 

まず、暦年贈与は税金面での考え方ですが、1年間に110万円までならば、他者からお金を受け取っても課税対象とはなりません。

 

質問者さまの場合、1か月に5万円なので1年間では60万円となり、非課税の範囲です。

 

次に、ご兄弟の言い分が通るかという点ですが、この文面から推測される答えは「通らない」です。

 

なぜなら、質問者さまは生活援助費として親御さんから5万円を毎月渡されているとのこと。教育費や生活費は、生前贈与には当てはまらないからです。

 

よってご兄弟の言い分は、法律としては無効となります。

 

 

孫に生前贈与したいのだけど、そのことを子供や孫自身にも内緒にして驚かせたいのですが、友人に「それは難しい」と言われました。
はたしてそうなのでしょうか?

 

結論から先に申し上げると、贈与相手に内緒での生前贈与というのはできません。

 

お孫さんを思うお気持ちは察せられますが、生前贈与は法律上の「契約」だとお考えください。

 

契約を結ぶ相手に内容を秘密にしておくことはできませんよね。

 

ですので、お孫さんに生前贈与をされたいのであれば、意思表示を明らかにしてお孫さんの合意が必要となります。

 

さらに、贈与後はお孫さんが自由に貰った財産を使える状態でなければ、これも「贈与した」とはみなされなくなります。

 

 

父から毎年100万円を生前贈与されていましたが、今年に入って急病で他界しました。

 

父一人子一人なので相続に問題はないのですが、今年初めにもらった100万円の申告はどうすればいいでしょう?

 

年間110万円以内の暦年贈与をされていたと推察します。

 

申告については今年の100万円分だけでなく、死亡時より遡って3年以内に生前贈与された分については、相続税の対象となります。