死亡退職金は遺族の生活を保障するため、非課税対象枠が設けられています。

死亡退職金のこと

 

夫が在職中に持病が悪化して死亡してしまいました。

 

会社から「退職金が家族に支払われます」と言われたのですが、夫の兄弟から「それも遺産だから分配して欲しい」と言われています。

悩む主婦

 

退職金なのに相続の対象になってしまうのでしょうか?
夫の兄弟にも分配しなければならないのでしょうか?

 

夫の両親は結婚前に他界していて、夫と私の間には子供がいません。
夫の兄弟とは別々に暮らしています。

 

故人の退職金が遺産になるのかという点においては、本来ならご本人が受け取るべき性質のものですが、そのご本人が死亡されてしまったため死亡退職金になり、「みなし財産」として扱われます。

 

相続順位に従って法定相続人が相続することになります。

 

故人には質問者さまとの間に子供がなく、ご両親も亡くなられているとのことなので、相続順位第三位の兄弟に相続権が発生しています。

 

死亡退職金は遺産として分配の対象となります。

 

質問者さまは、以下の点をご確認ください。

 

  • 死亡退職金の受取人指定がしてあるかどうか。
  • 故人の遺言書があるかどうか。

 

この2点のいずれかで質問者さまが指名されている場合は、故人のご兄弟の権利は遺留分のみとなります。

 

 

父の死亡退職金が支給されることになりました。

 

2,000万円ほどなのですが、母の老後資金に回してあげたいと兄弟一致で合意をしましたが、心配なのは税金面のことです。

 

母が1人で受け取ると税金が高くなってしまいますか?

 

死亡退職金は、相続税の対象となる「みなし財産」です。

 

しかし、遺族の生活を保障する役割があることから、非課税対象枠が設けられています。

 

死亡退職金に対する非課税限度額は、以下の通りです。

 

  • 500万円×法定相続人の数

 

今回のご質問では法定相続人の人数が分からないので、はっきりした数字は出せませんが、単純に計算させて頂くならば、4人の法定相続人がいれば、2,000万円の死亡保険金にかかる相続税は非課税となります。

 

非課税枠は相続を放棄した人であっても人数に含まれるので、質問者さまのご心配へのお答えになるかと思います。

 

 

生命保険Q&A