相続税のことを詳しく学ぼう

相続税

 

相続税は、遺産の総額に対しての評価額から控除額を差し引いた額が、それぞれの相続人に課せられます。

 

相続税の基礎控除額は、法定相続人の数に従って、相続者が配偶者と子が一人だった場合には7,000万円、配偶者と子が2人だった場合には8,000万円というように変わっていきます。

 

そしてその他に、いくつかの控除があります。

 

そのうちの配偶者控除というのは、相続する財産は夫婦が築き上げた財産であるという考えのもとに、遺された配偶者の負担を少なくする為の控除で、1億6千万円までの財産に対しては、課税されないというものです。

 

この配偶者控除を受けることで、1億6千万円までの財産であれば、相続税は支払わなくても済むのですが、この控除の恩恵を活かそうと考え、子供と遺産を分割せず、配偶者がすべての遺産を相続した場合、どのような問題点があるか考えてみましょう。

 

子供がまだ幼く、配偶者が若い場合には、二次相続が発生する日は、近い将来というわけではないので、問題はありませんが、配偶者が高齢であった場合、近い将来二次相続がおこる可能性があります。

 

その際に子供たちに課せられる税額と、配偶者が亡くなった時点で遺産分割をし、それぞれが納める税額のどちらが多いか計算すると、始めの相続の時には相続税を納めなかったものの、2次相続では、多額の税金を納めなくてはならなくなることもあります。

 

この税額は、資産の内容によって変わってきますので、どちらが多くなるかということは一概にはわかりませんが、資産に土地が多く含まれている場合、2次相続で納める税金の方が高額になる可能性が高いということは言えます。

 

資産の内容、家族の状況、遺された配偶者の年金など、様々な事情を考えて、どちらが税金の額を少なくできるかということを検討してみてください。

 

その際には、専門家のアドバイスを受けることが、良い結果を出すことにつながります。