平成27年1月より相続税の基礎控除額は「3,000万円+600万円×法定相続人の数」になりました。

相続税のこと

 

相続税はいつまでに払わなければいけないという期限はあるのでしょうか?また、払わなかった場合の罰則があれば教えてください。

 

財産相続を受けた場合、10か月以内に申告と納税をしなければなりません。

 

ただし、一定の認められる事象があった場合にのみ申告期限の延長ができます。

 

相続税を納める税務署は、死亡した人の住所地を管轄する税務署となりなります。

 

遺産を故意に隠したり少なく申告するなどの悪意ある隠ぺいをしたと判断されると、「重加算税」という重い税率が加算されます。

 

 

親族の間で遺産相続の方法について揉めていて、なかなか解決ができません。決着が付くまで相続税の申告はしなくてもいいのでしょうか?

 

相続分配のトラブルと税金の納税は別として考えます。
納税は国民に課せられた義務なので、個人の問題には関わりがありません。

 

とはいえ、認められている一定の理由に当確する場合は、申告の延長が可能です。

 

  • 相続権に関わる事由で相続人が増減した場合
  • 遺言書が見つかった場合
  • 遺産の放棄があった場合

 

申告の延長をするには、「相続税延納申請書」を作成して管轄の税務署に提出する必要があります。

 

この手続きを怠ると「無申告加算税」が掛かる可能性があるので、書類提出を忘れないようにしましょう。

 

 

相続税の課税金額が変わったと聞きました。

いくら以上だと相続税を払わなければいけないのでしょうか?

 

平成27年1月1日より相続税の基礎控除額が大幅に変更されました。

 

【以前】5,000万円+1,000万円×法定相続人の数
【現行】3,000万円+600万円×法定相続人の数

 

例えば、相続人が配偶者1人、子2人の場合ですと、以前ならば1億8,000万円までが相続税から控除されました。

 

現在では、法定相続人が同じ3人でも、控除額は1億800万円となります。

 

 

お墓

 

私は長男なので先祖のお墓を受け継いだのですが、それも相続税の対象となるのでしょうか?

 

いいえ、墓地や墓石や仏壇には相続税はかかりません。ただし、特別な骨董品としての価値を有する場合は、課税対象とみなされる場合もあります。

 

 

生前贈与Q&A