3つの相続承認方法

承認の方法とは

 

先日父が他界したのですが、父には多額の借金がありました。

この借金は私が返済していかなければならないのでしょうか?

 

相続の承認方法には単純承認・限定承認・相続放棄の3通りがあります。

 

単純承認は被相続人の遺産すべてを包括的に相続する方法です。

 

すなわち土地や家屋といった不動産、預貯金、有価証券などのプラスの財産だけでなく、金銭債務や引渡し義務といったマイナスの財産も相続することになります。

 

プラスの財産が明らかに多い場合はこの単純承認で問題ありませんが、借金などが多くてマイナスとなってしまう場合はその分は相続人が負担しなければなりません。

 

ですので、そのようなときは限定承認か相続放棄を行うことが望ましいといえるでしょう。

 

相続放棄は単純承認の間逆で、プラスの財産もマイナスの財産もその相続に関する一切を放棄する、という方法です。

 

この方法ならば借金を引き継ぐことも無くなりますので、被相続人の借金を負担する必要はなります。

 

また、プラスの財産もあるけどマイナスの財産もあるといった場合、プラスの財産の方が多いのかマイナスの財産の方が多いのか、分からない場合があります。

 

そのようなケースの時は限定承認を行うことをお奨めいたします。

 

限定承認とは、マイナスの財産をプラスの財産で補い、もしそれでも足りない分があってもその分は負担せず、もし借金を返してもなお遺産が余るようならその余った分について相続できる、というものです。

 

つまり、遺産の範囲内で借金を返済するという方法です。

 

ただし、この限定承認は相続人全員で行う必要があり、一人でも単純承認してしまうとこちらの方法はとることができませんので注意しましょう。